8815F 営業運転復帰
 
4年ぶりに綺麗な姿になった8815F(←8896F)
 
交換されたコンプレッサー
 
5月20日に出場試運転を行った8815Fですが
5月24日の726列車より営業運転に復帰しました。
 
同編成は今回の出場時にCPを8816Fに引き続き従来のスクリュー式からスクロール式へ交換されています。
スタンションポール設置・つり革増設と合わせて今後の標準施工工程となるのでしょうか?
(05月24日 松戸にて 撮影:YAMA)
戻る

inserted by FC2 system